男性女性

弁護士に依頼できる内容を把握|過払い金請求でハッピー

女性

離婚相談をする

離婚の原因には性格の不一致が挙げられますが、近年は熟年離婚も多いものといえます。また、離婚する際にトラブルがある場合はプロの専門家に相談することで早く解決することが出来るでしょう。

メンズ

慰謝料の請求

離婚の原因にはどちらかの浮気で不貞行為があった場合が上位に挙げられます。その際、慰謝料を請求することが出来ますが示談交渉が進まない場合や納得がいかない時は弁護士に相談すると良いでしょう。

婦人

選択肢の考え方

離婚や交通事故の慰謝料は、後遺障害の度合いなどによっても変わってくる部分があります。その請求をいかにして行うかを考えると、離婚相談を専門家に行うことはとても大切な方法です。

弁護士に相談する

紳士

交通事故と示談交渉について

わが国では強制保険として自賠責保険への加入が義務付けられており、また大半の所有者が自己の際の補償リスクに備えて任意の自動車保険にも加入しています。そうした点から考えると、事故の被害にあっても保険から十分な金銭保証が受けられると考えがちですが、必ずしもそうとは言えない実情があります。特に後遺障害が残るような重い事案について、治療費やその後遺障害が交通事故に起因するものかどうか保険会社と見解の相違でもめるケースも少なくありません。

弁護士への示談交渉の依頼について

保険会社側も営利企業ですので、最低限の補償はしますが出来るだけ保障額を抑えたいというインセンティブが働くというのが実情です。むち打ちや不定愁訴などの事故との因果関係を立証しづらい後遺障害については、保険会社として厳しい態度で判定に臨むケースもあります。後遺障害に関する示談交渉で保険会社ともめた場合、保険事故の示談交渉の知識がない一般人が、保険会社側と対等な交渉をするのは難しいのが実情です。そうした場合、法律の専門家である弁護士に示談交渉を依頼するのが有効なケースもあります。弁護士への相談費用や成功報酬を差し引いても、自分で示談交渉をするケースと比べてより高額な保障を得られるというケースも少なくないといわれています。

弁護士に依頼できる内容

弁護士は事故が起きた際に依頼するだけではなく、借金をした際にも相談することが可能です。借金はもちろん、しない方が良いのですが経済状況によって借金せざるを得ない状態に陥ることもあるでしょう。そんな時、借金をして返済をしても利息だけ返済する形になり、元本がなかなか減らずに苦しめられている人は少なくないと考えられます。その場合、弁護士に相談してみると良いでしょう。実は過払い金になっている可能性もあり、多く支払っていることがわかれば過払い金請求をすることができます。過払い金請求は現在、借金を返済している人だけではなく完済して10年以内の人でも過払い金請求をすることができるので、早めに弁護士に確認してもらって依頼をすると良いです。

Copyright © 2017 弁護士に依頼できる内容を把握|過払い金請求でハッピー All Rights Reserved.