ウーマン

弁護士に依頼できる内容を把握|過払い金請求でハッピー

慰謝料の請求

メンズ

とにかくマイナス感情は厳禁

幸せな結婚も離婚という残念な形で終わりを迎えることがあります。このとき相手に不貞行為などがあった場合には「許せない」「がっぽり慰謝料を取ってやる」と思うでしょう。しかし同様に相手も別れる相手に「慰謝料などビタ一文払うものか」と思っています。そのためただ怒りをぶつけるだけでは逆効果で、取れるものも取れなくなってしまいます。そのため話し合いの席ではマイナス感情を封印し、とにかく相手を立てる事が大切です。とはいえこれが出来ないのですよね。人間ですから無理もありません。それなら弁護士に間に入ってもらうのも手です。その方が法律上のアドバイスなどももらえますし、感情的になる心配も減るので心強いです。権利は泣き寝入りせずきちんと主張しましょう。

離婚慰謝料の相場とは

よくワイドショーや週刊誌をにぎわす芸能人の離婚。慰謝料〇億円などという文字が躍ることも珍しくありません。しかしこれと同じ金額の慰謝料をもらえるのかというと、そんな訳ではありません。これは財産分与が入っている事、離婚の慰謝料に法的な根拠がなく、話し合いで相手が納得すればいくらでも良い事からこのような金額になります。話し合いで決着がつけば良いですが、つかなかった場合は調停、裁判になります。裁判になった場合は過去の判例を元に慰謝料が決められます。このとき事例によりますが50万〜300万、多くても500万円程度です。相手の社会的地位、経済力、婚姻期間により多少増減しますが、1,000万円を超えることはまずないでしょう。離婚するのであれば少しでも経済的な不安をなくしてから再スタートを切りたいものです。

Copyright © 2017 弁護士に依頼できる内容を把握|過払い金請求でハッピー All Rights Reserved.