ウーマン

弁護士に依頼できる内容を把握|過払い金請求でハッピー

離婚相談をする

女性

日本の夫婦が別れる事情

現代の日本の離婚率は年々高くなり、現在は33パーセントで、3組に1組は離婚すると言われ、その多さは世界で26番目に高いと言われています。バブル崩壊後からの長引く不況で、結婚するカップルの数は増えてはいますが、それと同時に別れる夫婦の数もかなり増えています。その原因の中で一番多いのが「性格の不一致」でした。やはり不景気となると安定を求めてしまうものなのでしょう。ちなみに1位のアメリカでは2組に1組が別れる計算になります。 離婚と言われると揉める印象が強いですが、日本の夫婦の離婚に関して90パーセントは協議離婚と言われています。実際にテレビでよく見る「調停」や「裁判」などの裁判所を頼るケースは残りの10パーセント程度です。

今後も増えていく熟年離婚

一時期は本当に熟年夫婦の離婚が社会問題としてよくニュースで取り上げられるほどピックアップされていました。近頃ではそれが珍しくなくなり、あまりワイドショーなどで取り上げられていませんが、今でも年々熟年離婚になるケースは増えています。長年連れ添ったパートナーであるのにもかかわらず、どうして人生の終わりに近づいているのに別れを選んでしまうのでしょうか。 やはり、現代の日本で一番多いのは結婚5年以内での離婚であり、やはり結婚してみて性格が合わなかったというのが多いですが、熟年離婚の場合もこの場合が多いです。この世代は男尊女卑の時代でもあり、性格は合わなくても我慢して結婚したというケースも多く、それに耐えられなくなり離婚になってしまうということが多いです。

Copyright © 2017 弁護士に依頼できる内容を把握|過払い金請求でハッピー All Rights Reserved.